VIO脱毛のメリットとデメリット

最近注目を集めているのはアンダーヘアのお手入れです。
一昔前までは目に見える部分のケアに重点を置いていましたが、
現代の大人の女性は見えない部分もきちんとしていなければなりません。

そこで今回はVIO脱毛のメリットとデメリットについてご紹介します。

まずアンダーヘアはもともと何のためにあるのでしょうか。

良く知られているのは「毛は身体の弱い部分、守らなければいけない部分に生えている」ということですが
アンダーヘアにはそれ以上の役割があります。
異性を引き付けるためのフェロモンを出すということと性感染症を予防するという2点です。

それはとても大切なことではありますが、ケアをしないことによるデメリットもあります。
まずは臭いです。
現代では女性もデニムのようなパンツスタイルが多くなりました。
そうなると昔と比べてデリケートゾーンに湿気がこもりやすくなり、
フェロモン以外の臭いが発生します。
臭いの原因は雑菌によるものです。
デリケートゾーンは湿度が高く、おりものや経血など雑菌の栄養になるものがたくさんあります。
アンダーヘアが長すぎたり、生えすぎたりしていると、その部分に雑菌が付き繁殖し助長させてしまうこともあります。
性感染症はデリケートゾーンの常在菌がいたくなり、自浄作用や免疫力が低くなった時に感染しやすくなるので
昔とは逆にリスクが高くなります。

このようにVIO脱毛をしないことで起こるデメリットはいろいろあります。

それではVIO脱毛のメリットです。
一番大きいのは生理が楽になることです。
経血がアンダーヘアに付着し、不衛生になってしまうことや
ナプキンによるかぶれが起きやすいことがありますが、
脱毛することによって軽減されます。
前述通り、湿気が少なくなるので生理中の独特な臭いも以前より
気にならなくなるでしょう。

また「なぜセルフケアではなく脱毛なのか」と思う方もいらっしゃことでしょう。
セルフケアではトラブルが起きる場合が多いからです。
その代表的なのは黒ずみです。デリケートゾーンは肌が薄く敏感なので
少しの刺激で黒ずんでしまいます。
しかし脱毛では美白効果も期待されているので、脱毛と美白の両方を行なうことができます。
サロンによっては美白用のジェルを使用する場合もあります。

勿論、VIO脱毛したことによるデメリットもあります。
それは痛みを感じやすいということと後で後悔することの2点が大部分を占めています。
前者はテスト照射の時にパワーの調整をしてもらうようにすれば大丈夫ですが、
後者は永久脱毛の場合に起こりやすいです。
永久脱毛だと一生毛は生えてこないので形が気に入らなかったり、
無毛にした時に公開することが多いので良く考えて行いましょう。

このようにVIO脱毛にはメリットもデメリットもあります。
しかし衛生的な観点から言っても適度な脱毛は良い結果を生みます。
VIO脱毛で清潔できれいなデリケートゾーンを目指しましょう。